2024年2月25日
さいたま世界選手権をもっと楽しむ!注目の海外スケーターたち

チャ・ジュンファン~王子様からの脱却~

- AD -

すべてを兼ねそなえた氷上のプリンス

そんな“すべてを兼ね備えている”彼を語るうえで欠かせない魅力の1つが、やはり表現力だろう。10歳でフィギュアスケートを始めるまでは、クラシック・バレエを習っていたこともあり、身のこなしはスマートで気品が漂う。

これまでは、北京オリンピックで見せたエモーショナルな「トゥーランドット」をはじめ、観客をお城へ招き入れるところから始まる「シンデレラ」、若々しくスタイリッシュな「ロミオとジュリエット」など、ドラマティックな演目や、ストリングス、タンゴといったクラシカルなダンスナンバーを得意としてきた。

ところが、今季のジュンファンは一味違う。ショートプログラムには「マイケル・ジャクソン・メドレー」を採用、フリーは「007」でジェームズ・ボンドを演じる。

「北京オリンピックが終わって、とにかくアーティスティックな面でまったく新しいことをやってみたかった。これまでのぼくができたことは、いまのぼくにもできること。だけど、いまの自分の感性を伸ばすよりも、新しいことに手を伸ばしてみたくなったんです」

「ワールド・フィギュアスケート97号」インタビューより
- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.97

宇野昌磨、坂本花織が優勝を決めた全日本選手権をはじ...

ワールド・フィギュアスケート No.88

羽生結弦がグランドスラムを達成した四大陸選手権を特...

関連記事

- AD -

最新記事

error: