2024年2月25日
さいたま世界選手権をもっと楽しむ!注目の海外スケーターたち

イリア・マリニン~才能の目撃者たち~

- AD -

衝撃を語る才能の目撃者たち

自ら“クワド・ゴッド”を名乗るマリニンは、11歳でダブルアクセル、13歳から14歳にかけてトリプルアクセルを習得し、17歳でクワドアクセルをものにした。現在は、プログラムに入れていないジャンプはあるものの、すべての4回転を跳び分ける。マリニンの才能を目撃したスケーターたちは口々にその衝撃を語った。

10月のジャパンオープン。大会前日の公式練習で、全6種類7本の4回転を入れたフリーを目撃したのは、日本チームで出場していた宇野昌磨と三浦佳生だ。

現・世界チャンピオンの宇野昌磨の証言

「アクセルが上手いことは知っていたんですが、今日のフリーの構成も見ました。構成もすごいんですけど、何よりすべてのジャンプを安定して、そして質よく跳んでいたところに、すごく刺激を受けた。今シーズン自分が何を目指すべきかというのが、そこに目標があった気がして。なんか、うれしかったですし、また今年1年も頑張れそうだなと思えて、安心しました」

2022年ジャパンオープン前日練習後の共同インタビューより抜粋

“スケート年齢”が同じ三浦佳生の証言

「いやもう、わけわからなかったです。4回転アクセルもそうなんですけど、全部が4回転だったので、プログラムに入っているものが。さっき本人に聞いたら、初めて7個入れたと言っていて、えー! って。初めてで跳べるんだ!? と思って、本当に格の差を見せつけられましたね」

2022年ジャパンオープン前日練習後の共同インタビューより
- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.99

開幕した2023-2024のグランプリシリーズを巻...

ワールド・フィギュアスケート No.97

宇野昌磨、坂本花織が優勝を決めた全日本選手権をはじ...

関連記事

- AD -

最新記事

error: