2024年4月22日
全曲新プログラム!オーケストラによる生演奏!劇場空間から届ける“永遠の愛”

浅田真央の新しいアイスショー「Everlasting33」が6月開幕!

- AD -

浅田真央さんの3作目となるアイスショー「Everlasting33」が6月2〜16日、東京都立川市のTACHIKAWA STAGE GARDEN(立川ステージガーデン)で開催されることが発表されました。2017年に競技を引退後、「浅田真央サンクスツアー」「BEYOND」と2度の全国ツアーを行い、感動を届けてきた浅田真央さんが挑む次なるチャレンジは、“劇場型アイスショー”。スケートリンクの枠を超え、劇場空間でアイスショーを作り上げます。

今回のショーは、浅田真央さんが現役時代に使用したことのない全曲新プログラムで構成。ステージから張り出したスケートリンクの前にはオーケストラが並び、クラシックから映画音楽まで、全曲生演奏で届けられます(音楽監督:井田勝大、演奏はシアター オーケストラ トウキョウ)。さらに、浅田さんは、エアリアルやスケート靴を脱いで新たなジャンルのダンスも披露するそうです。

ショーのタイトル「Everlasting33」は、総合演出を務める浅田さんが、自身の年齢である33という数字、そして33本の薔薇の花ことばからインスピレーションを得て名付けたもの。Everlastingとは“永遠”を意味します。本作は、浅田さんが愛するスケートを通して届ける“永遠の愛の物語”です。

◆浅田真央さんのメッセージ

33歳の今、新たなアイスショーをお届けします。                       

今回のタイトル「Everlasting33」は、33本の薔薇の花言葉、そして33という数字に込められた意味からインスピレーションを得てつけました。                         

テーマはその名の通り、“永遠の愛”。                             

家族や恋人、友人への愛だけでなく、フィギュアスケートへの愛や、表現への愛。様々に存在する愛への想いを一曲一曲に込めて滑ります。そして全曲、現役時代に滑ったことのない新たな楽曲でお送りいたしますので楽しみにしていてください。                        

また今回は、私にとって初めての試みとなる“劇場型”のアイスショー。劇場でのアイスショーは世界でも例がありますが、舞台上からさらに張り出したリンクを設けてお送りする今回のスタイルは、世界初の挑戦となります。                                     

オーケストラによる生演奏、エアリアルやタップダンス、アイスダンスの要素を入れた振付など、劇場だからこそできる“初”の要素がたくさんありますが、それが殊更“挑戦”ではなく、「Everlasting33」のストーリーを創り上げる、表現のひとつとして見ていただけるものにしたいと考えています。          

エンターテインメントであり、ひとつのストーリーでもある――。                 

これまでお届けしてきたショーとは全く違う、今だからこそつくることのできる作品になると思います。フィギュアスケートの新たな魅力をお見せできるようなスペシャルなショーをお届けいたしますので、是非多くの方に劇場に足を運んでいただけたらと思います。      

そして・・・劇場に演劇やミュージカル、バレエやオペラを観に行くように、アイスショーもその一つとして仲間入りできたら、とてもうれしいです!

▶イベント開催情報
浅田真央アイスショー「Everlasting33」
6月2日~16日/TACHIKAWA STAGE GARDEN ※3、4、10、11日休演 主催:TBS/Everlasting33実行委員会
- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.79

浅田真央がバトル、髙橋大輔らと繰り広げたTHE I...

ワールド・フィギュアスケート No.75

浅田真央が巻頭インタビューに登場。春のアイスショー...

関連記事

- AD -

最新記事

error: