2024年7月18日

明日から世界国別対抗戦2023 選手たちの声

- AD -

2年に1度行われる世界国別対抗戦が、4月13~16日、東京体育館にて開催されます。世界国別対抗戦は国際スケート連盟が承認する唯一の団体戦。2009年から実施されており、過去7大会すべてが日本開催です。日本は2012年大会、2017年大会で優勝を果たし、今回はアメリカ、カナダ、イタリア、フランス、韓国とともに戦いを繰り広げます。

12日には公式練習が行われ、練習終了後に日本チームの6選手(組)が取材に応じました。

キャプテン、坂本花織「明日から爆発できるように気合を貯めている」

—— 今日のコンディションは?
坂本 スケートの調子はいい感じです。世界選手権が終わってからアイスショーがずっとあったんですけど、重くなったりとかはなく、すごいいい感じでいます。体は、もう寝ても寝ても疲労回復できないレベルでしんどいです。(笑)あら、回復遅くなってきたかなあっていうのは思いましたね。どこか痛いっていうのはまったくなくて、もう心がしんどい。(笑)でも、曲が鳴ったらある程度はできるので。そこははっきり区別できてるのかなって思います。

—— キャプテンとしての気合は?

坂本 明日から爆発できるように、がんばっていま気合を貯めてます! 今シーズン、ショートとフリー両方をパーフェクトに揃えることがあんまりできてないので、この最後の試合でしっかり両方揃えられたらなと思っています。

三原 世界選手権が終わってからは、自分の演技に関しての悔しさであったりとか、いろんなことが頭の中にぐるぐるぐるってあった日々だったんですけど、でもこうして国別対抗戦に選んでいただけたので、選んでいただけた以上はしっかり自分のベストを尽くしたいなと思っています。アイスショーでは小さいリンクで滑ってたので、大きいサイズになって、どこまででも押してもいいっていう感覚があるので、しっかりそれをプラスに捉えて、スピード感のあるダイナミックな演技ができたらいいなと思っています。

高橋大輔「いい意味ですごく力が抜けて、心のままに滑っている感じ」

村元 マリーナコーチに練習プランを教えてもらって、プラン通りに毎日練習した感じです。(長光歌子コーチに帯同していただくのは)マリーナコーチからの提案です。日本チームはトップの選手がそろっているので、少しでもアイスダンスが貢献できるようにがんばりたいなと思います。この会場に入ってから、すごく体も動いてます。

高橋 練習は2人きりだったので、モチベーション的には大変だったんですけど、やっとこの日がきたっていう感じですね。世界選手権はリズム(ダンス)は100%ではなかったので、2つ揃えられたらと思っています。(今大会に帯同する)長光(歌子)先生に「立ってもらえませんか」って言ったら、「よろこんで!」っていうふうに言われて。こうやって一緒に試合に立ててすごくうれしいです。いい意味ですごく力が抜けて、心のままに滑ってるなという感じで、気持ちよく練習できてます。

友野 (ここまで)気持ちも切れていなかったので、逆にどんどん調子が上がって行ってた感じはありました。会場入りして気持ちよく体も動かせて、ジャンプもしっかり決まっています。ショーを経験して表現に少し余裕が出てきたので、少しでも世界選手権から成長したところを見せられたらなあと思います。

佐藤 (出場に関しては)先週言われました。ジャンプの練習をやってなかったので、聞いたときは「まじか」ってなって、その日のご飯はちょっとのどを通らなかったんですけど。今日の練習で(4回転)ルッツを一応跳ぶことができたので、ギリギリ間に合った感という感じではあります。最後まで全力で滑り切れたらいいかなと思います。(構成に関しては)今回は攻めていこうかなと思っています。ショートでまずいい演技をして、そうすればフリーもいい気持ちで臨めると思うので、ショートでしっかりノーミスできるように、まずはそこを目標にがんばっていこうと思っています。

三浦璃来「みんなの力になりたいというのがいちばん」

木原 練習時間は世界選手権の時ほどとれなかったので、調整という面では難しいところはあったんですけど、ある程度試合ができる状態にはできたかなと思ってます。(アイスショーでは)ずっと狭いリンクでやっていてフットワークがおかしくなっていたので、(今日の練習では)そういったことを確認していて、あとは雑談をしていました。「練習でやることをやって早く帰りたいね」って話していました。エッジが欠けていて、研磨するか迷ったんですけど、滑ってる感じでは悪くはないので、無理に(研磨を)入れたくはないかなという決断になりました。

三浦 みんなの力になりたいなっていうのがいちばんで、2つ目にショートとフリーを揃えられたらなっていう思いがあります。

明日13日は、アイスダンスのリズムダンスを皮切りに、女子ショート、男子ショートの順で競技が行われる。

▶イベント開催情報
世界フィギュアスケート国別対抗戦
4月13~16日/東京体育館(東京都渋谷区)
- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.98

日本が3種目を制覇、大きな感動と興奮に包まれたさい...

ワールド・フィギュアスケート No.96

坂本花織らが活躍したスケートアメリカとスケートカナ...

関連記事

- AD -

最新記事

error: