2024年6月14日
今夏オープンの新設アリーナ「LaLa arena TOKYO-BAY」お披露目イベント

宇野昌磨×富樫勇樹×ふなっしーが「LaLa arena TOKYO-BAY」でトークショー!

- AD -

5月29日、南船橋に新設された「LaLa arena TOKYO-BAY」のお披露目イベントに、宇野昌磨さんが登場しました。7月27、28日に同アリーナで行われる「THE ICE 2024」を代表してイベントに参加した宇野さんは、同アリーナをホームとするバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」の富樫勇樹選手、船橋市在住の梨の妖精ふなっしーとトークショーに参加。プロスケーターとして最初のイベントで、ザ・アイスへの思いや引退後の日々のことを語りました。

「THE ICE2024」がアイスショーのトップバッター

「LaLa arena TOKYO-BAY」は、南船橋に新設された10,000人を収容する大型多目的アリーナ。客席は、すり鉢型のボウルデザインが採用され、傾斜のバランスや段差の設定を考え、広めのシートを導入することで、見切れ席が少なくなるよう工夫された作りになっています。

こけら落とし公演として7月6日にMr.Childrenのライブが予定されており、Bリーグ所属のバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」のホームアリーナとして使用されるとともに、音楽やスポーツイベント、展示会などにも活用される予定。7月27、28日に「ザ・アイス2024」、9月7、8日に「ワンピース・オン・アイス」、9月21~23日には「ディズニー・オン・アイス」と、アイスショーも目白押しです。

お披露目イベントでは、三井不動産株式会社の植田俊社長、株式会社MIXIの木村弘毅社長らと並んで、ゲストの宇野さん、富樫選手、ふなっしーもテープカットに参加し、その後は3人のトークショーが行われました。

トークショーでは2人とふなっしーがLaLa arenaやお互いの印象、この場所で行われるイベントや試合へ向けての意気込みなどを語りました。富樫選手が3ポイントを決める準備はできていると語れば、MCの田中大貴アナウンサーに「宇野さんも3回転の準備はできていますか?」と話を振られた宇野さんも、「ぼくは4回転ジャンプの準備ができています」と語り、ウィットとやる気に富んだ返しで会場を盛り上げました。

富樫選手、ふなっしーと初共演し、「(左からの)圧が……(笑)控室もすごく元気だったので、うれしいです、生で見られて」と、左隣りに座るふなっしーを見ては思わず笑みがこぼれる宇野さん。

富樫選手から宇野さんの印象は「テレビで何度も見たことがあるので、ぼくよりサイズが小さくてびっくりしたというのと、その体で4回転を跳ぶ脚力はどこからきているんだろうと。すごいなと改めて思いました」。

宇野さんも「初めてお会いしたと思うんですけど、テレビでよく見ていたので勝手に初めてじゃない気持ち。ぼくは富樫さんより小さいんですけど、バスケのなかでは身長が大きくなくてもあれだけの活躍をされていることに本当に驚きでした。これからもたくさんテレビで観させてもらうと思うので楽しみにしています」とコメントすると、富樫選手から「テレビじゃなく、この会場でお願いします! ぜひアイスショーのほうにも」と熱烈なお誘いが。体格のいい選手たちのなか、世界で戦う2人の新たな交流が生まれていました。

トークショーが終わると、宇野さんと入れ替わるかたちで富樫選手のチームメイトである金近廉選手、原修太選手が登場し、ふなっしーも参加して来場者プレゼントをかけたフリースロー勝負が行われました。3選手とふなっしーが決めた本数に応じてプレゼントの個数が決まるファンへの感謝イベントで、まさかのふなっしーが大活躍。

最後は千葉ジェッツの3選手による抽選会が行われ、集まったファンたちにとって、今後のLaLa arenaでの試合やアイスショーがよりいっそう楽しみになるイベントとなりました。

イベント終了後には宇野さん、千葉ジェッツの3選手、ふなっしーがメディアの取材に応じました。3選手とふなっしーのコメント、宇野さんの囲み取材の様子をお届けします。


富樫勇樹「バスケ選手としてこれ以上ない幸せ」

これだけのアリーナでプレーできることはバスケ選手としてこれ以上ない幸せなこと。でも、ここを満員にするのは簡単なことではないと思うので、魅力のあるチームにいままで以上にならないといけないと思いますし、一選手として努力をしていきたい。毎試合、満員のLaLa arenaでできる日が1日でも早く来たらいいなと思います。来るだけでワクワクするようなアリーナだと思うので、試合以外のところもすごく楽しんでいただけるんじゃないかなと。まだバスケットの試合を観にきたことがない方もたくさんいると思うので、一度足を運んでいただいて試合を観に来てほしいなと思います。

金近廉「一緒に戦ってほしい」

このアリーナに全員入って、そのなかでプレーできれば、もちろんぼくたちのパフォーマンス的にもすごくアガると思います。本当に一緒に戦ってほしいと思います。そのためにぼくたちも、勇樹さんが言っていたように魅力あるチームになってたくさんの人に見に来てもらえるようになっていきたい。ロッカールームで座るところも決めているので、ちょっと早めに位置取りしておこうかなと思います。(笑)

原修太「地元にアリーナができてうれしい」

ぼくが高校生のときによく遊んでいたららぽーとの横にできたのは不思議な気分ですし、すごくうれしいです。このアリーナができたきっかけ、(前ホームの)船橋アリーナで5,000人の会場をつねに満員にすることができたのも、ファンやフロントスタッフのみなさんのおかげなので、感謝しつつ、素晴らしいアリーナにしていきたいと思います。

ふなっしー「宇野選手がニコニコ話してくれてうれしかったなっしー♪」

ふなっしーが船橋に舞い降りて12年なんですけど、そのあいだ千葉ジェッツの活躍もそうだし、どんどん船橋が盛り上がって、ここにきて千葉ジェッツの本拠地のアリーナですよ。さらに盛り上がること請け合いなっしー♪(フィギュアスケートは)選ばれた方がやる競技だなと思いましたなっしーな。宇野選手と今回お会いして、人柄がいい、優しい感じがすごく伝わってきましたよね。ニコニコしながら話してくれてうれしかったなっしーな♪ だから、フィギュアも船橋で盛り上がるとうれしいなっしーな!!

次ページ>>引退後の日々を語った宇野昌磨さんのコメント

▶イベント開催情報
THE ICE 2024
7月20、21日/愛・地球博(モリコロパーク)アイススケート場 7月27、28日/LaLa arena TOKYO-BAY
公式サイト
- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.99

開幕した2023-2024のグランプリシリーズを巻...

ワールド・フィギュアスケート No.97

宇野昌磨、坂本花織が優勝を決めた全日本選手権をはじ...

関連記事

- AD -

最新記事

error: