2024年2月25日
島田麻央が木下グループを訪問

島田麻央が卓球の張本美和と初対面!

- AD -

12月27日、全本選手権を終えたばかりの島田麻央選手が、所属する木下アカデミーが運営する川崎市内の卓球場を訪れ、卓球の張本美和選手と卓球や対談を通じて交流しました。

島田麻央、張本美和の指導で卓球に挑戦

島田選手と張本選手は、同じ木下アカデミーに所属する中学3年生の15歳。この日が初対面の2人は、お互いの活躍はテレビを通して見ていたといい、島田選手からは「スケートで言ったらシニアの年齢の選手とも戦って勝っていたのですごい選手」、張本選手は「スケートをしているとこを見て優しそうだと思っていました」。

卓球場ということで、島田選手が卓球に初挑戦。張本選手のデモンストレーションを見学したあと、直接指導を受けながら、ラリーやスマッシュにもトライし、時折アスリートの顔がのぞく島田選手。「見ているときは簡単そうにやっていたので、簡単なのかなと思ったんですが、やってみたら全然できなかった」と、本職のアスリートのすごさに笑みがこぼれていました。

一緒に卓球を楽しんで緊張がほぐれた2人は、今度はトークでお互いを知っていくことに。15歳で世界を相手に活躍する2人の、等身大の会話が展開されました。

―― お互いに聞いてみたいことは?
張本 スケートは跳んだりする競技ですが、体重の管理で気を付けていることはありますか。
島田 体重が増えたりすると重くて跳べなかったりするので、試合前は食べものに気をつけたり、走ったりして体を締めたりしていて。多回転(ジャンプ)を跳ぶのは衝撃が強いので、(上に)跳びすぎないように気をつけています。
張本 私も重くなっちゃうと動きがにぶくなっちゃうので、私も重くなったら制限して落としたりします。基本はあまり気にしないです。
―― 我慢はつらくないですか。
張本 (島田さんに)聞きたいです。私は食べるのが好きなので。
島田 自分も食べるのが好きで、食べものとか、(人が)食べるのをテレビで見ていたりするぐらい好きなので、きついんですけど、試合が終わって食べるときにさらにおいしく感じるというか、達成感があるので、そのためにがまんするっていう感じです。
張本 私も人が食べている動画をたまに見ているので、ちょっとわかる。
―― 島田選手が聞いてみたいことは?
島田 試合の前は緊張すると思うんですけど、それに打ち克つためにしていることとか、考えていることを教えてもらいたいです。
張本 私は試合前に緊張するタイプで、試合中は緊張しないんですけど、緊張をほぐすときは音楽を聞いたり、ダンスをするのが好きなので音楽聞いてダンスをしたら緊張が和らぐ。その2つをしています。
島田 いまそこが悩みというか、あまりできていないところなので……
張本 あまり参考にならない話でしたね。(笑)
島田 やってみたいな。音楽を聴いたり、いろいろやってみたいと思いました。
―― 緊張に勝つ方法は、張本選手は先輩からアドバイスをもらうことも?
張本 私は普段の練習で緊張しても大丈夫なくらい練習をしているので、あまり試合中は緊張しなくて、いつも通り、普段通りやっていれば、緊張しても自分の本来の動きができるので、あまり気にしないです。やっぱり練習が大事かなと思います。


―― 中学生の2人はどんなスケジュールで競技と学校生活を両立していますか。
張本 平日8時から3時半ぐらいまでは学校で、帰ってきたら練習がだいたい9時前まで。小学生からずっとこういうスケジュールだったので、両立させるのに慣れちゃったとうか、これが普通。試合で忙しいときは、合間に勉強したりしています。
島田 自分のクラブは夜遅い練習がなくて昼すぎから練習なので、朝から学校へいって、午前中で早退をして練習に行って。週に2回ぐらい夜に塾へ行って勉強するときもあるという感じです。
―― 中学校の思い出は?
張本 中学1年生の体育祭と合唱コンクール以外、2年生から行事に、試合がかぶっていて参加できなかったので、1年生のときの体育祭と、普段の友だちとの会話が思い出に残っています。
島田 あまり学校に最後までいられないので、行事とか遊びはあまり出られないんですけど、体育祭は唯一出た行事なので、体育祭でみんなと一緒にリレーを走ったことが思い出です。
―― クリスマスプレゼントは何をもらいましたか。
張本 私はお母さんにTシャツをプレゼントしていただきました。黄色が好きなので、ちょっとうすめのTシャツです。
島田 私は試合(のあった長野)からここに来て、まだ家に帰っていないので、届いているかわからないんですけど、いまのところは来ていないです。(笑)
―― お互いにおすすめグッズをプレゼントするとしたら?
張本 個人的に体を保湿することを心がけているので、いい匂いがするボディクリームをプレゼントできたらいいなと思います。
島田 もしかしたら使っているかもしれないんですけど、いろんな入浴剤やエプソムソルトを入れて試合前とか(お風呂に)入っているので、それがおすすめかなと思います。
―― 試合のときのゲン担ぎは?
張本 音楽を聴いて、時間のあるときはダンスをするのがルーティンです。
島田 イメージトレーニングをしたり、試合前のごはんは絶対にうどんなので、うどんを食べることです。
張本 私は好きな食べものが白米なので、前日の夜は必ず白米を食べています。
―― 今日はいかがでしたか。
張本 私はこの日を楽しみにしていて、少し緊張もあったんですけど、話していて楽しかったですし、優しい方だなと思いました。
島田 私も楽しみにしていて、あまり他競技と関わることがなかったので、他競技で同い年ですごい選手と関われて、卓球も教えてもらえてすごくいい経験になりました。

最後に「これからも応援するのでがんばってください!」とエールを送り合い、対談を通じてほんのり距離が縮まった2人。別れ際には、張本選手から「一緒に自撮りしたい」と声をかけて仲良く写真を撮り、島田選手は木下グループ本社訪問のため、都内へと向かいました。

>>次ページ:島田麻央選手、木下グループ本社を初訪問

- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.99

開幕した2023-2024のグランプリシリーズを巻...

関連記事

- AD -

最新記事

error: