2024年4月22日

【フォトギャラリー】羽生結弦、ランビエルら豪華競演!ファンタジー・オン・アイスが開幕

- AD -

ファンタジー・オン・アイス2023が5月26日、千葉市の幕張イベントホールで開幕しました! 羽生結弦さん、ステファン・ランビエルさん、ジョニー・ウィアーさん、ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン組がISSAさん、夏川りみさん、福原みほさんらアーティストたちの歌声とともに華やかに氷上を彩った初日公演の様子を、フォトギャラリーでお伝えします。


オープニングは、FaOIオリジナルテーマに続いて、シンガーソングライターの福原みほの「ライジング・ハート」でパワフルに開幕! 

羽生結弦はDA PUMPの名曲「if…」でISSA、ラップ担当のKIMIと共演。キレキレのダンスを織り交ぜた滑りで会場を熱狂させ、最後はゲッダンでスタンディングオベーションを誘った。オープニングやグランドフィナーレで4回転を跳び、先頭に立ってショーを盛りあげた。

コンテンポラリーダンサーさながらのモダンなプログラムで魅了したステファン・ランビエル。ボディラインの美しさが光るマーラー「交響曲第5番」。

荒川静香は福原みほと「Broken Heart」でゴージャスに共演。第2部ではミュージカル「ミス・サイゴン」の「I’d Give My Life for You」 の壮大なドラマをエモーショナルに表現し、会場の涙を誘った。

今ツアーが、プロスケーターとして最後のパフォーマンスとなるジョニー・ウィアーは、自身を代表するプログラム「Creep」「月の光」でビビッドな個性を改めて提示した。

北京オリンピック金のパパダキス&シゼロンは、およそ1年ぶりに日本でパフォーマンスを披露した。テーブルを挟んで繰り広げられる2人のドラマをシンクロする流麗な滑りで描くショートムービーのようなプログラム。

ハビエル・フェルナンデスの「踊るリッツの夜」は、マイムやアニメーションダンスを取り入れたエンターテイナーらしいナンバー。ショーの後半、このプログラムの演技中に地震が発生し、一時中断して場内の安全確認を行ったあと、ショーはフェルナンデスの演技から再開した。

三原舞依は夏川りみと「花」で愛らしい笑顔が咲くコラボレーション。息の長いスパイラルや4連続ジャンプでも見せ場を作った。

初出演の山本草太は表情がガラリと変わる2つのプログラムを携えて堂々のトップバッターを務めた。同じく初出演の友野一希、昨年に続いて出演の田中刑事は、ISSAと共演。友野は「紡-TSUMUGI-」で歌を口ずさみながら爽やかにビートを刻み、田中は「All My Love To You」で洗練された滑りを見せた。

フィナーレはISSAとKIMIによるDA PUMPの代表曲「U.S.A」で、出演者全員で”いいねダンス”。鳴りやまない拍手と歓声がリンクに響き渡った。羽生は「ありがとうございました!」とショーを締めたあと、地震でショーが一時中断したことを踏まえて、「どうか最後まで気をつけて帰ってください」と観客に心を配りながらリンクをあとにした。

- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.100

創刊100号記念の羽生結弦スペシャルインタビューを...

アイスショーの世界9 氷上のアート&エンターテインメント

羽生結弦らが躍動したファンタジー・オン・アイス2023をはじめ、2023年春夏のアイスショーを総特集。引退のジョニー・ウィアーら、スケーターへのインタビューも。

関連記事

- AD -

最新記事

error: