2024年5月28日
名作となるミュージカル 心をつかむ歌の力

INTERVIEW バズ・ラーマン監督来日!「ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル」

- AD -

現在、帝国劇場で絶賛上演中の『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』。ご存じのとおり、フィギュアスケートのプログラムの音楽としても絶大な人気を誇る映画『ムーラン・ルージュ』をもとにしたミュージカルで、世界各国で上演され、ついに6月24日に日本版が開幕しました。プレビュー公演に合わせて、映画を手がけたバズ・ラーマン監督が来日。映画『ロミオ+ジュリエット』『華麗なるギャツビー』『エルヴィス』などで知られるバズ・ラーマン監督に、本作や音楽の魅力について聞きました。

日本版プロダクションで感じた大きな驚き

左から、上川一哉(トゥールーズ=ロートレック役)井上芳雄(クリスチャン役)、中井智彦(サンティアゴ役) 写真提供/東宝演劇部
左から、上野哲也(トゥールーズ=ロートレック役)甲斐翔真(クリスチャン役)、中河内雅貴(サンティアゴ役) 写真提供/東宝演劇部

―― 監督の映画をもとにした『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』が世界中を旅して、いま日本にやってきたわけですけれども、どんなふうに受け止めていらっしゃいますか。

ラーマン 「ミュージカルはすごく楽しいね」って言われることが多いけど、作る作業っていうのはものすごく大変なんです。ミュージカルを成功させるのは至難の業であって、コメディをやっていたほうが無難です。ミュージカルは、演劇的要素がすべてあったうえに、音楽が乗っかるわけですから、とても複雑。ブロードウェイでも毎年新しいミュージカルが生まれるけど、そのほとんどが失敗に終わる。でもうまくいった作品は、ずーっと残るんです。たとえば、いまこの瞬間にも、世界中の誰かが『サウンド・オブ・ミュージック』を歌っているでしょう。どこかで公演が行われているでしょう。学校の授業だったり、学園祭だったり、どこかでやっている。このように息が長いというのは、たぶんミュージカルとは別に、歌自体が人気が出て有名になり、人々の心をつかんでいるということ。そうして、人々が歌えば、ミュージカルもまた思い出されるんです。

左から、中井智彦(サンティアゴ役)、望海風斗(サティーン役)、上川一哉(トゥールーズ=ロートレック役)、井上芳雄(クリスチャン役)、橋本さとし(ハロルド・ジドラー役)、伊礼彼方(モンロス公爵役) 写真提供/東宝演劇部

―― 実際に、日本版プロダクションをご覧になっていかがですか。

ラーマン まず、お客さんが入った時のパフォーマンスを見て、とにかく驚いたんです。日本の観客は静かだと、いままでの体験ではつねにそう思っていました。ところが、プレビュー初日、全員がものすごい拍手を送るし、歌の間ずっと手拍子をしているんです。ロックコンサートのように声を出すお客さんもいた。それがものすごく私には驚きでした。

 それからいちばん私が感じたのは、悲劇性の高さ。切なさや哀しみ、悲劇の物語がものすごく胸に響きました。『ムーラン・ルージュ』と言えば、派手な歌や踊りといったカラフルな華やかさが印象的ですが、じつは最後は本当に悲しいわけですよね。俳優たちも、そして観客も悲劇の部分により反応するんだと思う。これは愛を失うこと、悲劇に美しさを感じるといった、日本の古典的な演劇などの文化的な背景があって、悲劇的な愛に反応が強いのだと感じました。

フィギュアスケーターが魅了される音楽

望海風斗(サティーン役) 写真提供/東宝演劇部
平原綾香(サティーン役) 写真提供/東宝演劇部

―― フィギュアスケートのプログラムでは、映画『ムーラン・ルージュ』からの音楽がたくさん使われています。とくに「ロクサーヌのタンゴ」はアイコニックな音楽になっているんですけれども。

ラーマン アルバムからの音楽を使用していると思うんだけれども、真ん中でちょっとゆっくりになって、最後にクレイジーで大きくなる部分がある。かなりオペラに近い構成になっています。いくつものヴァージョンが出ていて、ダイスケ・タカハシなどシングルの人も使っているけど、オリンピック(2018年平昌)でカナダのカップル、テッサ(・ヴァーチュー)とスコット(・モイア)も滑っていましたね。主人公が愛する者に去っていかれて、非常に痛みを感じて苦しんでいる。また怒りもあるし、暴力的で混乱もある。それらの解釈がきちんとしているなと感じました。

―― 監督の映画の音楽が本当にたくさんプログラムに使われています。

ラーマン 素晴らしいことです。『エルヴィス』の音楽はまだ使われていないと思うけど、もともと私の映画の音楽が使われているというので、フィギュアスケートを見始めたんですよ。『ダンシング・ヒーロー』というのが、ぼくの最初の映画だけど、ダンスとフィギュアスケートは非常に関係性がある。俳優のような感情が出ている演技は最高です。

 じつは、私はスーパースターである、日本人のフィギュアスケーターの大ファンなんですよ。ユヅル(羽生結弦)は本当に素晴らしい。だからフォローしています。スーパースターで、ポップスターで、アクターで、そしてスケーターなんです。私の映画の音楽(『ロミオ+ジュリエット』)も使ってくれているんです。


*近日発売の「アイスショーの世界9」では、インタビューの完全版を掲載します。ミュージカルや音楽について、またラーマン監督が語る羽生結弦さんの表現の魅力など、興味深い話題に及んでいます。どうぞお楽しみに。

ご予約はこちら>>

https://amzn.to/3K01uqX

▶イベント開催情報
『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』
8月31日(木)まで/帝国劇場 【出演】 *五十音順、Wキャスト サティーン:望海風斗、平原綾香  クリスチャン:井上芳雄、甲斐翔真  ハロルド・ジドラー:橋本さとし、松村雄基 トゥールーズ=ロートレック:上野哲也、上川一哉 デューク(モンロス公爵):伊礼彼方、K サンティアゴ:中井智彦、中河内雅貴 ニニ:加賀楓、藤森蓮華 ほか
- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.100

創刊100号記念の羽生結弦スペシャルインタビューを...

アイスショーの世界9 氷上のアート&エンターテインメント

羽生結弦らが躍動したファンタジー・オン・アイス2023をはじめ、2023年春夏のアイスショーを総特集。引退のジョニー・ウィアーら、スケーターへのインタビューも。

関連記事

- AD -

最新記事

error: