2024年4月22日
若き才能が鮮やかに舞う、木下アカデミー「ブルーム・オン・アイス」

島田麻央~日本の未来を担う天才少女!~

- AD -

4月22~23日に京都府宇治市の木下アカデミー京都アイスアリーナで行われる「Bloom On Ice 2023」。日本初のフィギュアスケートのアカデミー、木下アカデミーで日々研鑽を積むノービス~ジュニアの若きスケーターたちが一堂に会するフレッシュなアイスショーです。そのなかでも、世界ジュニア選手権を制し、ミラノ・オリンピック後の日本女子を担う存在として期待を集めている島田麻央選手をご紹介します!

驚きのノービス選手権3連覇

 島田選手は、東京都小金井市の出身。お母さんが浅田真央選手のファンだったことから、麻央と名づけられました。「(真ではなく麻なのは)たぶん画数が理由だと思います」と語ります。島田選手自身も浅田真央さんに憧れたことや、西武園ゆうえんちのスケート場に滑りに行って楽しかったことがきっかけでフィギュアスケートを始めたそう。初めて全日本ノービス選手権に出場したのは小学校4年生のときで、ノービスB1年目ながら5位に入ります。才能を世に知られるようになったのは2019年。全日本ノービス選手権のノービスBで「白鳥の湖」のプログラムを滑り、見事優勝を果たしました。そのときのインタビューでも「(ソチ五輪のときに浅田選手が着ていた)ラフマニノフの青い衣装が好き」と語っています。翌年、さらなるスキルアップを求めて、濱田美栄コーチの指導を受けるべく、家族で京都へ移住。木下アカデミー生となりました。

 濱田コーチのすすめで高難度ジャンプの練習にも力を入れるようになると、島田選手の才能が本格的に開花。「トリプルアクセルを跳ぶノービス選手がいるらしい」と話題になり始めたのもこのころです。2020年全日本ノービス選手権では、シニアでも難しいトリプルアクセルを含む全6種類8本の3回転を含むフリーに挑戦。トリプルアクセルは転倒しましたが、当時のノービスA歴代最高得点を更新して優勝しました。さらに翌年、今度は、ノービスながらフリーで4回転トウループを成功させ、前年の記録をさらに10点以上更新して優勝。憧れの浅田真央さん以来となる全日本ノービスA連覇を飾りました。2020年、2021年には全日本ジュニア選手権にも推薦出場。12歳で初出場した際には銅メダル、その翌年にはノービス選手ながらジュニアの選手たちを抑えて表彰台のてっぺんに立ちました。

世界トップレベルの存在に

 そしてついに2022-2023シーズン、ジュニアカテゴリーに上がった島田選手は日本の女子選手ではまだ誰も挑んだことのない、4回転とトリプルアクセルの両方を盛り込んだ構成に挑戦します。シニアを含めて現在の国際大会では最高難度といえるフリープログラムを引っ提げ、ジュニアグランプリシリーズのポーランド大会(1)とチェコ大会で優勝。ファイナルでは2022年世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得した韓国の14歳、シン・ジアに20点以上もの差をつけて圧勝しました。それでも、「アクセルはもうちょっと耐えられた」と口にするなど、ストイックな姿勢を見せます。

ファイナルと同じ12月に行われた全日本選手権では、シニアの大会には初参戦ながら、坂本花織選手、三原舞依選手に次ぐ3位と表彰台に上り、11月に行われた全日本ジュニア選手権、2月の全国中学校スケート大会では連覇を果たし、国内外のジュニアカテゴリーで絶対的な強さを示しました。そして、今シーズン最大の大舞台、3月の世界ジュニア選手権ではフリーでトリプルアクセルと4回転トウループを着氷。これまでどんなにいい成績を挙げても反省の言葉を口にしていた島田選手が、うれし涙を流し、「大舞台で(高難度ジャンプ2本の着氷を)達成できたのでうれしい」とよろこびを噛みしめました。もちろん結果は優勝。日本の女子選手として8人目の世界ジュニア選手権金メダリストとなりました。試合後、濱田コーチも「調子が悪いときに辛抱ができる子なんです。悪いときに絶対に心が崩れない」と島田選手を称えました。

〇天才ジャンパー、14歳の素顔

世界ジュニア選手権が終わっても、シニアのトップ選手たちと共に「スターズ・オン・アイス」に初出演するなど、引っ張りだこの島田選手。「スターズ・オン・アイス」ではカラフルな衣装を身にまとい、14歳らしくキュートな「I Want Candy」のナンバーをポップに滑りました。全日本選手権後には「ユニバとディズニーランドに年末に行くので、それが楽しみ」と話すなど、等身大の素顔ものぞかせます。

ホームリンクで行われる「Bloom On Ice 2023」ではどんな演技を見せてくれるのでしょうか。これからどんなスケーターになっていくのか、期待が高まるニューヒロインです。


島田麻央選手の世界ジュニア選手権でのインタビューは「ワールド・フィギュアスケート」98号に掲載されています。

▶イベント開催情報
Bloom On Ice 2023
4月22、23日/木下アカデミー京都アイスアリーナ
問い合せ先
※2023年4月18日現在
- AD -

 関連バックナンバー

ワールド・フィギュアスケート No.98

日本が3種目を制覇、大きな感動と興奮に包まれたさい...

関連記事

- AD -

最新記事

error: