2024年2月25日
プリンスアイスワールド東京公演が開幕!

高橋大輔×PIWチーム豪華絢爛「ムーラン・ルージュ」

- AD -

1月19日、ダイドードリンコアイスアリーナで、プリンスアイスワールド2023-2024東京公演『A NEW PROGRESS~Broadway Classics~』の東京公演が開幕しました。初回公演の様子を、写真と出演者のコメントを交えてご紹介します!


今シーズンのプリンスアイスワールド(PIW)のテーマは、ミュージカルの名曲たちをPIWチームならではの氷上ドラマに仕上げて送る「ミュージカル・オン・アイス」。昨年4月から5月にかけて行われた横浜公演、6月の佐賀公演に続いて、東京公演が幕を開けた。

開幕前から話題となっていたのが、高橋大輔とPIWチームの初コラボレーションとなる「ムーラン・ルージュ」。高橋が現役時代(2005-2006SP)にも滑っていた「ロクサーヌのタンゴ」を交えたこの上なく贅沢なコラボレーションには、あの足さばきも、あの踊りも、そして新たな魅力もふんだんに盛り込まれている。会場の熱狂的な歓声からも、PIWチームと高橋が生み出す表現世界の完成度の高さが感じられた。

高橋大輔

ソロで滑っていたナンバーなのですが、そのときは情景を思い描きながら滑っていて、今回は女性と絡んだり、男性と絡んだり、最後に自分が手を出すと男性陣がブワッと出てきてくれたりと、すごく新鮮で、よりいっそうパワーを感じながら滑ることができた。同じ楽曲でも全然違うものに感じました。すごく楽しかったです。

Q.思い入れのあるミュージカル作品は? A.シングルで初めて世界選手権で銀メダルを獲って、アイスダンス引退の年に使った「オペラ座の怪人」。何度見ても見入ってしまう大好きな舞台。

菅野こうめい氏が演出を務め、ミュージカル界のスターたちがこのツアーのために録り下ろしたオリジナル音源が使用されている。さらに、音源に参加したミュージカルスターたちが実際に日替わりでショーに参加し、生歌で演技を盛り上げる豪華ぶり。東京公演の初日は、島田歌穂が「レ・ミゼラブル」より「On My Own」、藤岡正明が「RENT」より「One Song Glory」を氷上で歌唱し、PIWチームの演技によりいっそうのスケールや臨場感をもたらした。

島田歌穂

生でスケーターの方々の舞を見させてもらって、見とれちゃうんですね。歌い終わって客席で拝見していたんですけれども、きれい!美しい!って。痛みや大変さとずっと闘いながら滑っていらっしゃるだろうに、でもなんでこんなに優雅で華麗で美しいんだろうと。やっぱり素晴らしい世界だなと感じさせていただきました。ミュージカルは1曲1曲にこめられている様々なキャラクター、物語があって、1曲1曲を真摯に演じて踊っていらっしゃるのがとても感動いたしました。これからもいろんな作品の素敵なナンバーを見せていっていただけたらうれしいななんて、密かに願っております。

Q.思い入れのあるミュージカル作品は? A.人生を変えてくれた作品「レ・ミゼラブル」

藤岡正明

今日やってみてすごく思ったのが、スケートが主役だなと。ぼく自身が目を奪われてしまったのがまさにその通りで、スケーターの方の表現に寄り添える歌を歌いたいなと強く感じました。これは長く続けてほしいなと思っています。エンターテインメントは可能性を模索し続けるものだと思っていて、それを今日目の当たりにしました。何度でも出たい、ぶっちゃけノーギャラでも出させてくれと言おうと思っているくらい。(笑)すごく感動しました!

Q.思い入れのあるミュージカル作品は? A.初舞台でもあった「レ・ミゼラブル」

ゲストスケーターには、荒川静香、高橋大輔&村元哉中、宇野昌磨、織田信成、樋口新葉、本田真凜、中田璃士、島田高志郎が登場。

荒川や織田、島田、本田はミュージカルや映画音楽で、ショーに寄り添いつつ華を添え、高橋&村元は圧巻のダンスで、樋口や中田はスケールの大きなショーナンバーで迫力の演技を見せる。トリを務めた宇野昌磨は、「Dancing On My Own」で貫禄と哀愁の共存する王者の滑りを披露した。本田は今回の公演が現役引退後初のアイスショーとなり、新たな一歩を踏み出した。

本田真凜

今日滑ったプログラムは試合のプログラムなんですが、自分でアイスショー用にアレンジしてもっとお客さんに楽しんでもらえるようなプログラムができたんじゃないかなと思う。自分の出番の前が(藤岡さんの)生歌で、裏で緊張しながら出番を待っているときに本当に幸せな気持ちになって、「ありがとうございます!」という気持ちです。大ちゃん”さん”のジャンプを練習で一緒にさせていただいたときに久しぶりに生で見られて感激しました!

Q.思い入れのあるミュージカル作品は? A.初めて自分で滑りたいと思った映画「ラ・ラ・ランド」

東京公演は、同会場で21日まで各日2回公演で行われる。Daily Musical Starsは、20日に福井晶一、屋比久知奈、山﨑玲奈、21日にエリアンナ、福井晶一が登場予定。

▶イベント開催情報
プリンスアイスワールド2023-2024東京公演 A NEW PROGRESS ~Broadway Classics~
2024年1月19日(金) 〜21日(日)11:30/16:00(全6公演)/東京・ダイドードリンコアイスアリーナ
- AD -

 関連バックナンバー

関連記事

- AD -

最新記事

error: